Loading

BRAND

刀 -KATANA- 浅縹色(あさはなだいろ)縞柄

刀 -KATANA-

浅縹色(あさはなだいろ)縞柄

青天を衝く 浅縹

浅めのやわらかな青色。
文字通り、縹色(はなだいろ)の浅い(薄い)色を浅縹と呼びます。
縹色とは、藍染めの浅い方から
浅葱(あさぎ)・縹・藍・紺となる2段目の色。
古くは露草の青い花の汁で染めた色が、縹色の由来ともいわれ、
花田色とか花色と呼ばれることもあります。
今年の大河ドラマ「青天を衝け」でも、
藍染め農家で働く人々が、浅縹色の手ぬぐいを頭にまいて登場していますね。
「青天を衝け」のタイトルは、主人公・渋沢栄一が19歳の時に詠んだ漢詩からとのこと。
『 勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征 』
青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、
白雲をつきぬける気力で手に唾して進む。
若々しく、青い力を感じる詩です。
SAMURAIのKATANA 浅縹・縞柄は
青天をつらぬく飛行機雲のような白い縞。
なかなかスーツでは難しい色合いも、きものなら自然に馴染みます。
合わせやすい縞柄から取り入れてみませんか。

男きもの専門店「SAMURAI」刀 -KATANA- 浅縹色(あさはなだいろ)縞柄

刀 -KATANA- カラーバリエーション

PAGE TOP