Loading

BLOG

青天を衝く 浅縹

SAMURAIの人気アイテム『刀-KATANA-』は、

日本の伝統色に糸を染め、30種に織られた反物から

好みを選べる男きものセットです。

その中から、浅縹の反物(縞柄)をご紹介します。

 

浅縹(あさはなだ)

浅めのやわらかな青色。


文字通り、縹色(はなだいろ)の浅い(薄い)色を浅縹と呼びます。

縹色とは、藍染めの浅い方から

浅葱(あさぎ)・縹・藍・紺となる2段目の色。

古くは露草の青い花の汁で染めた色が、縹色の由来ともいわれ、

花田色とか花色と呼ばれることもあります。

 

今年の大河ドラマ「青天を衝け」でも、

藍染め農家で働く人々が、浅縹色の手ぬぐいを頭にまいて登場していますね。

「青天を衝け」のタイトルは、主人公・渋沢栄一が19歳の時に詠んだ漢詩からとのこと。

『 勢衝青天攘臂躋  気穿白雲唾手征 』

青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、

白雲をつきぬける気力で手に唾して進む。

若々しく、青い力を感じる詩です。

SAMURAIのKATANA 浅縹・縞柄は

青天をつらぬく飛行機雲のような白い縞。

なかなかスーツでは難しい色合いも、きものなら自然に馴染みます。

合わせやすい縞柄から取り入れてみませんか。

 

 

 

_________________________________________

『刀-KATANA-』

 

日本和装グループの博多織メーカーである、

はかた匠工芸が独自開発した「御召 おめし」です。

御召は、江戸幕府第11代将軍・徳川家斉が好んで着用した(召した)ところに由来すると言われており、

色柄の組み合わせによって、洒落着から略礼装まで幅広いシーンでお召しいただける絹織物です。

名前の成り立ちからして、将軍や武士に愛用されたからこそなのですね。

 

生地はオリジナルの壁縮緬。

職人たちが数百通りもの経糸×緯糸の組み合わせを吟味し、

ほどよい絹の艶とハリのある、上質な質感を生み出しました。

体に合わせてもごわつかず、見る人にもきちんと整った印象を与えます。

無地や柄、豊富な反物から好みを選べば、

正絹の男きもの一式が、とてもお手頃にオーダーメイドでそろうセット商品です。

 

「刀-KATANA-」¥185,000(税別) 
セット内容:きもの+羽織+帯+長襦袢+胴裏+仕立て代
※羽織紐は別売りになります。

青く、潔く、男の浅縹

『風魔-FUMA-』の季節

関連記事

  1. 新年 あけましておめでとうございます

    2018.01.01
  2. 営業時間変更のお知らせ

    2020.05.26
  3. サムライ写真館が出来るような素敵なショットがたくさん撮れました\(^o^)/初め…

    2017.03.18
  4. 夏帯で魅せる

    2019.07.21
  5. 新作角帯入荷しました!

    2019.07.14
  6. 男の夏大島、大特集!part3

    2019.06.25
PAGE TOP