Loading

BLOG

表情豊かな縞の鉄紺色

SAMURAIの人気アイテム『刀-KATANA-』は、

日本の伝統色に糸を染め、30種に織られた反物から

好みを選べる男きものセットです。


その中から、鉄紺色の反物(縞柄)をご紹介します。

 

鉄紺色(てつこんいろ)

ごく暗くわずかに鉄色がかった紺色。


紺色は藍染めを何度も繰り返して染められる色。

染めを重ねるごとに緑みの青い色は

空気に触れながら紫みのある濃い青へを染め上がります。

濃く深い藍のなかに、わずかに緑みの鉄(くろがね)のような

艶がのった色を鉄紺色と呼んで、

江戸時代は最も日常的に愛され需要の高い色だったそうです。


SAMURAIのKATANA・鉄紺色の縞はよりシャープに。

無地以上に合わせやすく、いろいろな帯ともスッと馴染みます。

羽織や帯によって、大胆にもトラディショナルにも

表情豊かにあなたの個性を引き立てます。

 

 

 

_________________________________________

『刀-KATANA-』

 

日本和装グループの博多織メーカーである、

はかた匠工芸が独自開発した「御召 おめし」です。

御召は、江戸幕府第11代将軍・徳川家斉が好んで着用した(召した)ところに由来すると言われており、

色柄の組み合わせによって、洒落着から略礼装まで幅広いシーンでお召しいただける絹織物です。

名前の成り立ちからして、将軍や武士に愛用されたからこそなのですね。

 

生地はオリジナルの壁縮緬。

職人たちが数百通りもの経糸×緯糸の組み合わせを吟味し、

ほどよい絹の艶とハリのある、上質な質感を生み出しました。

体に合わせてもごわつかず、見る人にもきちんと整った印象を与えます。

無地や柄、豊富な反物から好みを選べば、

正絹の男きもの一式が、とてもお手頃にオーダーメイドでそろうセット商品です。

 

「刀-KATANA-」¥198,000
セット内容:きもの+羽織+帯+長襦袢+仕立て代
※羽織紐・胴裏は別売りになります。
※4月1日より税込み金額表示となりました。

江戸のベースカラー 鉄紺色

侍たちの伝統色 猩猩緋

関連記事

  1. 関東でも夏日を観測し、早くも初夏の先触れのような今日この頃。

    2019.04.07
  2. これぞ ”SAMURAI Style”

    2018.01.04
  3. 着付け教室終了後に、誂えた着物が出来上がってきました。

    2018.10.13
  4. 花で繋がる、ふれあいの道

    2019.04.04
  5. SAMURAI GW【男きもの写真館】part2

    2019.04.29
  6. SAMURAI祭 大島編、残りわずか…..

    2019.07.05
PAGE TOP