Loading

BLOG

意外と使える紋紗の羽織

.残暑〜秋、肌寒くなる冬前まで活躍するものといえば、ダークトーンの紋紗の羽織。寒い時期以外は紋紗の羽織でも通用するので、洒落感もあり、軽くて肩もこらずロングシーズン楽しめます。.墨黒に変わり市松が織り込まれた薄羽織。長い残暑も快適に、それでいて季節のお洒落ができる一枚です。色合いや織りの絶妙な変化をお店でチェックしてみてください。.SAMURAIの夏物シリーズ「風魔/紋紗の羽織」薄羽織+仕立て代 ¥120,000(税別)COLOR:墨黒.銀座本店は、歌舞伎座の正面にございます。#samurai #男着物 #夏着物 #浴衣 #夏帯 #薄羽織 #夏物 #紋紗 #羽織 #kimono #ginza #男きもの #着物男子

残暑から秋、肌寒くなる冬前まで活躍するものといえば

ダークトーンの紋紗の羽織。

寒い時期以外は紋紗の羽織でも通用するので、

洒落感もあり、軽くて肩もこらずロングシーズン楽しめます。

 

墨黒に変わり市松が織り込まれた薄羽織。

長い残暑も快適に、それでいて季節のお洒落ができる一枚です。

色合いや織りの絶妙な変化をお店でチェックしてみてください。

 

SAMURAIの夏物シリーズ「風魔/紋紗の羽織」
商品内容:薄羽織+仕立て代 
¥120,000(税別)
COLOR:墨黒

SAMURAI京都店よりお知らせ

夏の終わりにとんぼの扇子

関連記事

  1. 爽やかな白の『匠帯』

    2019.06.20
  2. 今すぐ着たい『普男着-FUDANGI-』

    2019.04.12
  3. 秋の習い事、いかがですか?

    2018.09.03
  4. SAMURAIをつくる人。

    2018.03.30
  5. 父に贈る、第二の勝負服。

    2018.10.24
  6. 福岡のはかた匠工芸にて、博多献上帯が織られております。

    2017.08.25
PAGE TOP