Loading

BLOG

柄半衿の楽しみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏きものならではの、ゆかたとの大きな違いというと、

薄くて汗をよく吸う長襦袢(ながじゅばん)を下に着ることでしょうか。

長襦袢の衿には「半衿」(はんえり)という、

いわば付け衿をします。

つまり、夏きものの楽しみ=衿元の重ね着お洒落が楽しめるんですね。

 

夏きものの季節、コーディネートのポイントに柄半衿はいかがですか。

男きもの専門店SAMURAIでは、男性用の半衿も季節にあわせて様々ご用意しております。

ご来店の際はぜひチェックしてみください。

 

「柄半衿」¥4000(税別)〜
素材:絹 100%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人こそ似合うチェック柄

空いた時間に花壇の手入れを。

関連記事

  1. 麻でできた羅の夏帯です。京組紐の特殊な技法を活かした、大人格好いい帯です。#帯 …

    2017.07.06
  2. 丁子色の縞

    2019.07.26
  3. SAMURAIを着る人。

    2018.06.20
  4. 暑い日の普男着『長政』

    2019.05.27
  5. 葡萄色の縞

    2019.05.16
  6. 可憐な舞妓の羽裏はいかがですか。

    2017.09.25
PAGE TOP