Loading

BLOG

丁子色の縞

.侍と縁のある丁子。.SAMURAIの人気アイテム『刀-KATANA-』は、日本の伝統色に糸を染め、30種に織られた反物から好みを選べる男きものセットです。その中から、丁子色の反物(縞柄)をご紹介します。.丁子色(ちょうじいろ)香辛料として知られるクローブは、和名を丁子と呼びます。丁子色はその丁子の煮汁で染めたような、少し赤みのある薄黄色。.丁子は平安の頃から、その香りが邪気を払うとして染め物や匂い香、生薬として使われてきました。武士の時代になると、丁子油として刀や兜の手入れや、男女ともに髪を結うための鬢付け油に使われたそうです。我が身を守り、清めるものとして侍と丁子は縁があったのですね。.ダークカラーのスーツに慣れ親しんでいる方にも、明るめの丁子色をより着やすいように。落ち着いた子持ち縞の縞柄に仕上げました。.---------------------『刀-KATANA-』.日本和装グループの博多織メーカーである、はかた匠工芸が独自開発した「御召 おめし」です。御召は、江戸幕府第11代将軍・徳川家斉が好んで着用した(召した)ところに由来すると言われており、色柄の組み合わせによって、洒落着から略礼装まで幅広いシーンでお召しいただける絹織物です。名前の成り立ちからして、将軍や武士に愛用されたからこそなのですね。.生地はオリジナルの壁縮緬。職人たちが数百通りもの経糸×緯糸の組み合わせを吟味し、ほどよい絹の艶とハリのある、上質な質感を生み出しました。体に合わせてもごわつかず、見る人にもきちんと整った印象を与えます。無地や柄、豊富な反物から好みを選べば、正絹の男きもの一式が、とてもお手頃にオーダーメイドでそろうセット商品です。.「刀-KATANA-」¥185,000(税別) セット内容:きもの+羽織+帯+長襦袢+胴裏+仕立て代※羽織紐は別売りになります。---------------------#samurai #御召 #katana #刀 #男着物 #男きもの #menskimono #着物男子 #きもの男子 #銀座 #東銀座 #歌舞伎 #歌舞伎座 #着物屋 #呉服屋 #呉服店 #男着物専門店 #男きもの専門店 #男きもの着付け教室 #男きもの専門店samurai

 

SAMURAIの人気アイテム『刀-KATANA-』は、

日本の伝統色に糸を染め、30種に織られた反物から

好みを選べる男きものセットです。

その中から、丁子色の反物(縞柄)をご紹介します。

 

丁子色(ちょうじいろ)香辛料として知られるクローブは、

和名を丁子と呼びます。

丁子色はその丁子の煮汁で染めたような、

少し赤みのある薄黄色。

 

丁子は平安の頃から、その香りが邪気を払うとして

染め物や匂い香、生薬として使われてきました。

武士の時代になると、丁子油として刀や兜の手入れや、

男女ともに髪を結うための鬢付け油に使われたそうです。

我が身を守り、清めるものとして侍と丁子は縁があったのですね。

 

ダークカラーのスーツに慣れ親しんでいる方にも、

明るめの丁子色をより着やすいように。

落ち着いた子持ち縞の縞柄に仕上げました。

 

 

 

_________________________________________

『刀-KATANA-』

 

日本和装グループの博多織メーカーである、

はかた匠工芸が独自開発した「御召 おめし」です。

御召は、江戸幕府第11代将軍・徳川家斉が好んで着用した(召した)ところに由来すると言われており、

色柄の組み合わせによって、洒落着から略礼装まで幅広いシーンでお召しいただける絹織物です。

名前の成り立ちからして、将軍や武士に愛用されたからこそなのですね。

 

生地はオリジナルの壁縮緬。

職人たちが数百通りもの経糸×緯糸の組み合わせを吟味し、

ほどよい絹の艶とハリのある、上質な質感を生み出しました。

体に合わせてもごわつかず、見る人にもきちんと整った印象を与えます。

無地や柄、豊富な反物から好みを選べば、

正絹の男きもの一式が、とてもお手頃にオーダーメイドでそろうセット商品です。

 

「刀-KATANA-」¥185,000(税別) 
セット内容:きもの+羽織+帯+長襦袢+胴裏+仕立て代
※羽織紐は別売りになります。

SAMURAIの夏物『風魔』

花火大会やお祭りに『長政』

関連記事

  1. 色香漂う小千谷縮

    2018.07.06
  2. 唐獅子の鼻緒の草履

    2018.09.19
  3. 桃色の縞の長襦袢

    2017.10.26
  4. 涼を重ねる愉しみ・1

    2018.07.10
  5. 黒縞に紅筋の長襦袢

    2017.10.26
  6. 昨日の答えは

    2018.06.01
PAGE TOP