Loading

BLOG

夏の普男着『長政』

.そろそろ夏の浴衣でもさがそうかな…という方へ。今年は、気楽に着られる夏きものにしてみませんか。.家でくつろぐ時、昼寝をする時、近所の緑道を散歩する時ー。休日にほどよく力の抜けたきものが心地良い。自分の時間に着るものは、好きなものを纏いたい。そんな想いから生まれた『普男着-FUDANGI-』は、男の「ふだん」を演出する洒落着のラインナップです。.男きものを得意とする産地から、その土地に生き、「ふだん」を愛した武将たちになぞらえたこのシリーズに、すぐ着られる、仕立て上がりの夏きもの『長政 -NAGAMASA-』新登場しました。.普男着-FUDANGI-シリーズ『長政 -NAGAMASA-』¥45,000(税別)素材:近江縮・麻100%サイズ:M/L/LL商品内容:仕立て上がり夏きもの※帯は別売りになります。..長政 -NAGAMASA-.近江国。戦乱の世を過ぎ、琵琶湖の豊かな水と周囲にひろがる桑畑に育まれた絹糸の産地は、近江商人の交易により、やがて麻の縮織物を生み出します。 厳しい夏にも、ひとときの清涼をもたらす麻の風合い。近江の義将・浅井長政のように。ふだんの時間を誠実に、爽やかに、愛しむ。 夏の普男着に、麻の近江縮を仕立て上がりきものでどうぞ。着たいときにすぐ着る、格好つけないかっこよさを気軽にお楽しみください。..こちらは、すでに仕立て上がった夏用のきものですので、仕立て期間が必要ございません。買った日にすぐ着られます。.手足の長い現代の男性に合わせ、丈や袖のサイズもゆったりめの仕立て。ご自宅で手洗いもできますので、気兼ねなくどんどん着る夏の普段着にぴったりです。サラサラとした心地よい夏きものをたくさんの男性に体感していただきたいので、価格はぐっとお手頃にしました。.幅広いTPOに着られる夏きものは、ゆかただとちょっと恥ずかしいようなお出かけ先にも着ていけます。さらに、汗をよく吸って乾きやすい近江縮は、ゆかたのように1枚で着ることもできますし、お買得ですよ。.写真のコーディネートした帯は別売りですが、京組紐の技法を凝らした羅の夏帯¥13,000(税別)。ほかにも正絹の博多帯¥9,000〜(税別)とさまざまご用意しております。.「こんどのお祭りにきもので行こうかな」「海外へ帰る友達に、プレゼントしようかな」「趣味の稽古着に気軽なきものを…」ふと、思い立ったとき、着たいときにすぐ着る、格好つけないかっこよさを気軽にお楽しみください。.SAMURAI銀座本店では、男きもの着付け教室も開講中です。着付けをイチからおぼえたい方でも、簡単ですのでお気軽にお問い合わせください。.#仕立て上がりきもの #近江縮 #souvenir #浴衣 #ゆかた #samurai #男きもの着付け教室 #男きもの #男きもの専門店 #男着物 #着物男子 #男着物 #menskimono #kimono #歌舞伎座 #ginza

 

そろそろ夏の浴衣でもさがそうかな…という方へ。

今年は、気楽に着られる夏きものにしてみませんか。

 

家でくつろぐ時、昼寝をする時、近所の緑道を散歩する時ー。

休日にほどよく力の抜けたきものが心地良い。

自分の時間に着るものは、好きなものを纏いたい。

そんな想いから生まれた『普男着-FUDANGI-』は、

男の「ふだん」を演出する洒落着のラインナップです。

 

男きものを得意とする産地から、その土地に生き、

「ふだん」を愛した武将たちになぞらえたこのシリーズに、

すぐ着られる、仕立て上がりの夏きもの『長政 -NAGAMASA-』新登場しました。

 

普男着-FUDANGI-シリーズ
『長政 -NAGAMASA-』¥45,000(税別)
素材:近江縮・麻100%
サイズ:M/L/LL
商品内容:仕立て上がり夏きもの
※帯は別売りになります。

 

長政 -NAGAMASA-

近江国。戦乱の世を過ぎ、琵琶湖の豊かな水と
周囲にひろがる桑畑に育まれた絹糸の産地は、
近江商人の交易により、やがて麻の縮織物を生み出します。 

厳しい夏にも、ひとときの清涼をもたらす麻の風合い。
近江の義将・浅井長政のように。
ふだんの時間を誠実に、爽やかに、愛しむ。

 夏の普男着に、麻の近江縮を仕立て上がりきものでどうぞ。
着たいときにすぐ着る、格好つけないかっこよさを気軽にお楽しみください。

 

こちらは、すでに仕立て上がった夏用のきものですので、

仕立て期間が必要ございません。買った日にすぐ着られます。

手足の長い現代の男性に合わせ、丈や袖のサイズもゆったりめの仕立て。

ご自宅で手洗いもできますので、気兼ねなくどんどん着る夏の普段着にぴったりです。

サラサラとした心地よい夏きものをたくさんの男性に体感していただきたいので、

価格はぐっとお手頃にしました。

幅広いTPOに着られる夏きものは、ゆかただとちょっと恥ずかしいようなお出かけ先にも着ていけます。

さらに、汗をよく吸って乾きやすい近江縮は、ゆかたのように1枚で着ることもできますし、お買得ですよ。

 

写真のコーディネートした帯は別売りですが、

京組紐の技法を凝らした羅の夏帯¥13,000(税別)。

ほかにも正絹の博多帯¥9,000〜(税別)とさまざまご用意しております。

「こんどのお祭りにきもので行こうかな」
「海外へ帰る友達に、プレゼントしようかな」
「趣味の稽古着に気軽なきものを…」

ふと、思い立ったとき、着たいときにすぐ着る、

格好つけないかっこよさを気軽にお楽しみください。

 

SAMURAI銀座本店では、男きもの着付け教室も開講中です。
着付けをイチからおぼえたい方でも、簡単ですのでお気軽にお問い合わせください。

第30巻 サムライ会より(5)

第30巻 サムライ会より(6)

関連記事

  1. 男の角帯

    2018.06.11
  2. 第30巻 サムライ会より(24)

    2019.06.07
  3. 気取らない上質な帯

    2018.09.20
  4. 粋なこの方はどなたでしょう?

    2018.05.31
  5. SAMURAIを着る人。

    2018.06.20
  6. フクザツな魅力の大島紬

    2017.11.08
PAGE TOP