Loading

MAINTENANCE

収納・保管方法

● 中に挟んでいる紙は全て配送中のしわ防止の為です。紙をそのままにしておくと紙が湿気をよぶので、到着後はすぐに取り除いてください。
● ビニール袋は通気性が悪いので、入れたままにしておくとカビやシミが発生しやすくなります。
● 湿気により生地が縮み、表地と裏地の収縮の違いからたるみが生じたり、カビの原因にもなります。
  湿気の多い所や、風通しの悪い場所、寒暖の差がはげしい場所に置くのは避けましょう。
● 着物や帯はたとう紙に包んで、タンスや衣装箱にしまいましょう。
● 最近の新建材等で造られた容器(タンスや衣装箱)は、昔の桐箪笥と比較にならないくらい、中の湿気が多いので注意が必要です。
  タンスに入れたままにしておくと、シミやカビが発生したり、変色の原因にもなります。
● 一年に1〜2回は、天気の良い日に室内の風通しの良い日陰で、半日くらい虫干しをしましょう。
  春や秋の空気の乾燥した日を選びましょう。

着用後のお手入れ

● 着物は脱いだ後ハンガーに掛け、半日から一日の間、陰干しをして風を通しましょう。
● ハンガーに掛けたまま一日以上放置しないようにしましょう。生地が伸びて裾のたるみが出やすくなります。
● 着物はハンガーに掛けたまま、柔らかい布で埃やごみを、たたく様にして上から下へ払います。
● 帯は脱ぎたての温もりが残っているうちに、しわをたたいて伸ばし、裏面を表にして陰干しします。
● 汚れた半衿は、はずしてぬるま湯に中性洗剤を入れてつけ洗いをし、タオルにはさんで水気を切り、陰干しします。

シミ点検

● 着用後は、シミや汚れがついてないか丁寧に点検するのも大切です。
● 衿、袖口、裾、上前、ひざにはシミ汚れがつきやすいので、特にしっかり点検しましょう。
● シミ汚れを発見したら、できるだけ早く処理することが大切です。
● 時間が経つとひどくなることもありますし、落ちなくなる可能性もあります。
● 絹は傷がつきやすく、スレが出やすいので、絶対にこすらないでください。
● 半衿以外にシミや汚れがついてしまったら、自分で処理せず、プロに任せましょう。

男きもの専門店SAMURAIでは、お手入れの相談も承っております。
お気軽にご連絡ください。

SAMURAI銀座本店 TEL. 03-6226-3601

SAMURAI京都店 TEL. 075-551-3610

PAGE TOP